お知らせ

共用専用他:利用規約改定のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2017年7月1日より適用しましたレンタルサーバー利用規約(転貸無し用)の「第20条(契約者の損害賠償義務)」に誤記があったため、2017年7月6日をもちまして改定致します。

詳細につきましては、以下に記載いたしましたので、ご参照ください。

■利用規約改定

改定日:2017年7月6日

改定内容:第20条(契約者の損害賠償義務)の第1項
※改定箇所は、「」内の文言です。

【変更前】
1 契約者は、本利用規約で他に定めるほか、契約者自身の操作ミスやプログラムミスにより、当社、又は「契約者」への影響を与える障害を発生させた場合、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものとし、他の契約者若しくは当社、又はその双方に与えた損害について賠償の責任を負うものとします。

2 前項の場合において、契約者が本サービス利用契約を解除した後も、損害賠償責任を免れないものとします。(※変更ありません。)

【変更後】
1 契約者は、本利用規約で他に定めるほか、契約者自身の操作ミスやプログラムミスにより、当社、又は「他の契約者」への影響を与える障害を発生させた場合、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものとし、他の契約者若しくは当社、又はその双方に与えた損害について賠償の責任を負うものとします。

2 前項の場合において、契約者が本サービス利用契約を解除した後も、損害賠償責任を免れないものとします。(※変更ありません。)

改定後の利用規約については、以下ページをご確認いただきますようお願いいたします。

レンタルサーバー利用規約(転貸無し用)

なお、代理店制度のレンタルサーバー利用規約(転貸用)においては、改定ありません。

お知らせのトップに戻る