お知らせ

Win共用:Windows共用サーバー、サービスリニューアルのお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2018年3月13日に法人向けサービス ビジネスシリーズ Windows共用サーバーをサービスリニューアル致しました。

OSには、64bitOSの「Windows Server 2008 R2(64bit)」を採用し、PHPのバージョンも5.6系へバージョンアップ致しました。

リニューアル後の「Windows Server 2008 R2 (64bit)」のWindows共用サーバーの詳細については、以下ページをご確認ください。

新機能一覧表(Windows共用サーバー)

なお、LinuxOSのサーバーで提供されるメール機能や、3コースの料金体系には変更ありません。

また、Windows共用サーバーのサービスリニューアルに伴い、従来の32bitOS「Windows Web Server 2008 (32bit)」の新規お申し込みの受け付けを終了致しました。

今後ともSPPDレンタルサーバーを宜しくお願いいたします。

お知らせのトップに戻る