お知らせ

ビジネスシリーズ共用専用他:ホスト名ベースの専用SSL(SNI)ご提供開始のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2018年4月25日により、法人向けサービス ビジネスシリーズ 共用サーバー、マネージドVPS、専用サーバー(OSはLinux)と代理店制度のビジネスシリーズにおきまして、従来のIPベースの専用SSLオプションよりも、お手軽に常時SSL化しやすいサービスとしまして、ホスト名ベースの「SNI」のSSL証明書のご提供を開始致しましたので、お知らせいたします。

従来のSSL証明書(IPベースの専用SSL)では、1つのドメイン(コモンネーム)に対して、1つのグローバルIPアドレスを割り当てて、ご利用頂く必要がありますが、今回リリースしました「SNI:ホスト名ベースのSSL証明書」では、サーバーに割り当てているグローバルIPアドレスをSNIのSSL証明書に流用することができ、従来のSSL証明書よりも安価に提供が可能です。

■ ホスト名ベースの専用SSL(SNI)について

・SNIに対応している証明書の種類は、「ジオトラスト RapidSSL」の1年と2年の取得代行のみとなります。証明書の持ち込みやワイルドカード証明書に対応していません。

・SNIの専用SSL証明書に対応している主なブラウザーは、以下の通りです。

【対応ブラウザー】(PC)
Internet Explorer 7以降 (Windows Vista以降。)
Firefox 2 以降
Opera 8 (要TLS 1.1有効化) 以降
Google Chrome
Safari 2.1 以降 (OS X 10.5.6以降、Windows Vista以降)

【対応ブラウザー】(モバイル端末)
iOS用Safari 4.0 以降
Android 3.0 以降

なお、フィーチャーフォンやWindowsXPのInternet Explorerでは、SNIによる専用SSLが設置されているウェブサイトへの閲覧ができませんので、ご注意ください。

・料金について

SNI対応の専用SSLオプション追加・更新時には、「取得料」と「取得代行料」のみ発生致します。

また、月額のSSL利用料については、収容サーバーのIPアドレスを共用致しますので、0円です。

※ 従来のIPベースの専用SSLオプションでは、設置料 5,400円(税込)と月額のSSL利用料 1,080円(税込)が発生致します。

料金や詳細につきましては、以下ページに掲載しておりますので、ご確認ください。

Linux会員サポート>SSL>専用SSL:ジオトラスト Quick SSL Premium / Rapid SSL

今後ともSPPDレンタルサーバーを宜しくお願いいたします。

お知らせのトップに戻る