お知らせ

共用専用他:ユーザーページ「ファイル権限一括変更」機能追加のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、本日2018年5月15日に、個人向け・法人向けサービスの共用サーバー、マネージドVPS、専用サーバー(OSはLinux)と代理店制度のサーバーにおきまして、各ドメイン毎のユーザーページのファイルマネージャーから利用可能な「ファイル権限一括変更」機能を追加致しましたので、お知らせ致します。

■「ファイル権限一括変更」機能について

従来、CGIのプログラム等で作成されたファイル所有者は、nobody権限(ファイルとディレクトリの所有者がnobody)となっており、ファイルやフォルダーのパーミッションによっては、FTPやsshにてファイルの編集が行えない状態でした。

今回、追加致しました「ファイル権限一括変更」機能をご利用頂くことで、ウェブサイトからのアクセスやプログラムの動作に影響がないよう適切にパーミッションを修正しながら、フォルダー配下のnobody権限のファイルを、全てお客様のユーザー権限へ一括で変更することが可能です。

「ファイル権限一括変更」の機能の詳細については、以下ページに記載しておりますので、ご確認ください。

Linux会員サポート>ファイルマネージャー>nobody権限の変更

以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る