お知らせ

共用専用他:WEBメール「送信メールの文字コード等設定機能」追加のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2018年10月22日より、個人向け・法人向け共用サーバー、専用サーバー、マネージドVPS、代理店制度におきまして、ブラウザー上でメール作成や送受信ができるWEBメール機能にて、送信メールの文字コードとエンコード方式が変更できるようになりましたので、お知らせ致します。

■WEBメールのメール送信設定変更機能について

WEBメールから送信されるメールの文字コードとエンコード方式を、以下の項目から選択が可能です。標準では、文字コードは「JIS(ISO-2022-JP)」、エンコード方式は「通常テキスト[エンコード無し]」が設定されています。

・送信メールの文字コード
JIS(ISO-2022-JP) / UTF-8

・送信メールのエンコード方式 [上級者向け]
通常テキスト[エンコード無し] / Base64 / Quoted-Printable(※)

※送信メールのエンコード方式で選択可能な「Quoted-Printable」は、PHP(モジュール)のバージョンが5系以上のサーバーをご利用のお客様のみ使用可能です。ご利用頂いているサーバーのPHPのバージョンは、「ユーザーページ」の左下にある「ご利用バージョン」欄でご確認下さい。

WEBメールのメール送信方式変更機能の詳細につきましては、以下ページをご確認下さい。

会員サポート>WEBメール>設定

以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る