お知らせ

共用専用他:SNIの専用SSLオプションでSANs機能一部対応のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2018年10月30日より、OSがLinux系の法人向けサービスビジネスシリーズ共用サーバー・マネージドVPS・専用サーバー、代理店制度におきまして、ホスト名ベース(SNI)の専用SSLオプションの仕様を変更しましたのでお知らせ致します。

■専用SSL(SNI:ホスト名ベース)の仕様変更について

従来の仕様ですと、専用SSLはサブドメインごとにご契約頂く必要があり、以下の2つのURLでSSLを使用する場合、それぞれのサブドメインで専用SSLを契約頂く必要がありました。

例)「https://www.独自ドメイン名/(サブドメインがwww)」と「https://独自ドメイン名/(サブドメインがwww無し)」

今回の仕様変更により、「https://www.独自ドメイン名/〜」というURLで専用SSLオプションをご契約頂ければ、www無し設定がある場合は、自動で「https://独自ドメイン名/〜」もご利用可能になりました。(SANs機能)

※IPベースの専用SSLでは、本SANs機能は利用できません。

※「www無し」以外のサブドメインで専用SSLを利用する場合は、従来通り追加契約が必要です。

※今後、https://独自ドメイン名/(www無し)での、SNI:ホスト名ベースの専用SSLオプションの申し込みはできません。

その他注意事項については、以下ページをご参照ください。

Linux会員サポート>専用SSL

以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る