Cronエディター

個人管理者法人共用管理者マネージドVPS管理者専用管理者代理店管理者

Cron (スクリプトの定期実行ツール) をブラウザで簡単に編集ができます。 Cronを利用すると、定時にメールを配信したり、1日1回ログを解析したりすることができます。

利用方法

ユーザーページの左メニューから「Cronエディター」をクリックしてください。

  • ユーザーページ画面
  • ユーザーページ

代理店制度のお客様は、初期設定では各販先のユーザーページにCronエディターはありません。代理店専用ページから、ユーザーページカスタマイズ申請を行って頂くことで、再販先のユーザーページにCronエディターを表示することが可能です。

「Cronの一覧」の項目に、現在設定されているCronのリスト、「サーバーに保存されているCronの生データ」に、実際のCronの生のデータが表示されます。

  • Cronエディター 一覧画面
  • Cronエディター
Cronの追加

画面上部にある「Cronの追加」の項目で設定の追加ができます。「月〜分」の欄に、実行したい日時・時 間を指定し、「コマンド」欄に、実行したいコマンドのパスを入力してください。

Cronエディターでは、10個までCronの設定が可能です。

「[入力項目の説明を開く▼]」をクリックすると、各入力項目の詳細な説明を記載している、下記「入力項目の説明」の表が表示されます。

10個を超える場合や、さらに複雑な設定を行いたい場合は、お客様にアカウントで sshの接続が許可されている場合に限り、sshでサーバーにログインし、crontabコマンドで、直接設定を編集することができます。

  • Cron新規追加画面
  • Cron新規追加画面
入力項目の説明
  • 1月は1、2月は2 というように数字で入力します。
    (もしくはJan、febなどのように英語で記述も可能です)
  • 3〜5月の間のみの場合は3-5 などのように入力します。
  • 毎月(指定なし)の場合は*と入力します。
  • 2ヶ月ごとの場合は1-12/2、4ヶ月ごとの場合は1-12/4 などのように入力します。
    例) [7月〜12月の間、3ヶ月毎] 7-12/3
  • 上記の書式で,で区切ることにより、複数設定できます。
    例) 1-3,May,7-12/2
曜日
  • 日曜日は0、月曜日は1、火曜日は2 というように数字で入力します。
    (もしくはsun、Monなどのように英語で記述も可能です)
  • 月曜日〜水曜日の間のみの場合は1-3 などのように入力します。
  • 全曜日(指定なし)の場合は*と入力します。
  • 2日ごとの場合は1-7/2、3日ごとの場合は1-7/3 などのように入力します。
    ※*/3のように*も使用できますが、この場合日曜日にも実行されます。
    例) [月曜〜木曜の間、2日ごと] 1-4/2
  • 上記の書式で,で区切ることにより、複数設定できます。
    例) 0-1,Tue,3-6/2
  • 1〜31の数字で入力します。
  • 10日〜20日の間のみの場合は10-20 などのように入力します。
  • 毎日(指定なし)の場合は*と入力します。
  • 2日ごとの場合は1-31/2、3日ごとの場合は1-31/3 などのように入力します。
    例) [20日〜30日の間、2日ごと] 20-30/2
  • 上記の書式で,で区切ることにより、複数設定できます。
    例) 1-5,8,10-25/5
  • 0〜23の数字で入力します。
  • 10時〜20時の間のみの場合は10-20 などのように入力します。
  • 毎時(指定なし)の場合は*と入力します。
  • 2時間ごとの場合は0-23/2、3時間ごとの場合は0-23/3 などのように入力します。
    ※*/5のように*も使用できますが、この場合0時にも実行されます。
    例) [10時〜20時の間、2時間ごと] 10-20/2
  • 上記の書式で,で区切ることにより、複数設定できます。
    例) 0-5,10,12-20/2
  • 0〜59の数字で入力します。
  • 10分〜30分の間のみの場合は10-30 などのように入力します。
  • 毎分(指定なし)の場合は*と入力します。
  • 2分ごとの場合は0-59/2、3分ごとの場合は0-59/3 などのように入力します。
    ※*/7のように*も使用できますが、この場合0分にも実行されます。
    例) [10分〜20分の間、2分ごと] 10-20/2
  • 上記の書式で,で区切ることにより、複数設定できます。
    例) 0-10,15,20-59/3
コマンド 実行するコマンドやシェルスクリプトを入力します。
実行結果は管理者へメールで届きます。(出力がある場合のみ)
エラー通知のみ受け取る
コマンドの最後に「 >/dev/null」と追加してください。
エラー通知も含めメールを受け取らない
コマンドの最後に「 >/dev/null 2>&1」と追加してください。
コメント コメントの入力欄です。コマンドの概要など、自由な文章を入力できます。

入力したら「Cronの新規追加 確認画面へ」ボタンをクリックすると、入力した内容の確認画面が表示されますので、確認して「Cronを新規追加する」ボタンをクリックし、設定内容を登録します。なお、共用サーバーでは、他のお客様の動作に影響が出るような負荷の高いCronスクリプトの実行はご遠慮ください。

Cronの一覧/編集/削除

Cronの一覧画面の「編集」リンクをクリックすると、設定済のCron内容の編集ができます。また、「削除」リンクをクリックすると、Cronを削除することができます。

  • Cronエディター 一覧画面
  • Cronエディター

各種申請のお手続きはこちらからどうぞ

契約情報の表示はこちらからどうぞ

設定マニュアル

クライアントの設定

トラブルシューティング

サーバーの機能

標準CGI

ユーザーページとは?

MAIL TOOL

WEB TOOL

DB TOOL

LOG TOOL

リンク

サポート窓口リファレンス

    • 個人 法人共用 マネージドVPS 専用 代理店
    • …それぞれ、個人向け・法人共用・法人マネージドVPS・法人専用・代理店制度をご契約の方にご利用いただけます。
    • 個人管理者 法人共用管理者 マネージドVPS管理者 専用管理者 代理店管理者
    • …それぞれ、個人向け・法人共用・法人マネージドVPS・法人専用・代理店制度をご契約で、管理者の方にご利用いただけます
    • …いずれのアイコンも無い場合はすべてのユーザーにご利用いただけます