AEROデスクトップの有効化 (OSが2008R2の場合)

仮想WindowsデスクトップのOSがWindows Server 2008 R2でなおかつ、仮想Windowsデスクトップへの接続端末が Windows 7(または、Windows Server 2008 R2)の場合、AEROデスクトップをご利用頂けます。ここではAEROデスクトップを有効にする方法をご案内致します。

AEROデスクトップの有効化(クライアント側)

このページはOSがWindows Server 2008 R2の仮想デスクトップをご利用中のお客様向けのご案内です。OSがWindows Server 2012 R2の仮想デスクトップをご利用中のお客様は本機能をご利用になれません。

01. リモートデスクトップ接続を起動します

接続元のパソコンの「スタートメニュー」から、「プログラム」もしくは「すべてのプログラム」を選択し、「アクセサリ」内にある「リモートデスクトップ接続」を起動してください。

  • リモートデスクトップ接続
  • リモートデスクトップ接続画面
02. リモートデスクトップ接続のオプション画面を開きます

画面左下の「オプション」をクリックし、設定画面を展開します。

  • リモートデスクトップ接続設定画面
  • リモートデスクトップ接続画面
  • リモートデスクトップ接続画面
03. リモートデスクトップ接続の設定変更

「エクスペリエンス」タブをクリックし、表示された設定項目の中にある「デスクトップ コンポジション」にチェックを入れ、仮想Windowsデスクトップに接続を行ないます。

  • リモートデスクトップ接続設定画面
  • リモートデスクトップ画面
AEROデスクトップの有効化(リモート側)
01. テーマの変更

仮想Windowsデスクトップに接続後、デスクトップ上で右クリックをし、表示されるポップアップメニューから「個人設定」をクリックします。

  • デスクトップ上のポップアップメニュー
  • リモートデスクトップ画面
02. テーマの適用

個人設定の画面が表示されたら、Aeroテーマを選択します。標準では、「Windows 7」が入っています。

  • 個人設定画面
  • リモートデスクトップ画面
03. AERO利用のイメージ

Windows Aeroの機能が利用可能になります。

  • イメージ:Aero Glass
  • イメージ

フリップ3Dの利用も可能です。

  • イメージ:Windows フリップ 3D
  • イメージ