メールソフトの設定(POP) / Windows Liveメール 2012

Windows Vista/7/8にインストールできる、マイクロソフト社のWindows Liveメール 2012の設定方法(受信:POP)をご案内いたします。

Windows Liveメール 2012 メール設定方法(POP)

※CentOS 7系のビジネス・パーソナルシリーズのサーバーを利用している方と、CentOS6/5系の専用サーバー / マネージドVPSでIMAPオプションを利用している方でIMAPの使用をご希望の場合はIMAPの設定方法をご確認ください。

Windows Liveメール 2012 アカウント作成方法(送信:587番/受信:POP)
1.インターネットアカウント画面を開きます。

Windows Liveメール 2012を起動し、メニューバーの「アカウント」→「電子メール」をクリックします。

  • 図1.ツールメニュー
  • ツールメニュー画像
2.電子メールアカウント情報を入力します。

「電子メール アカウントを追加する」の画面が表示されますので、下記のように入力ください。
ご入力が完了致しましたら「次へ」ボタンをクリックします。

  • 電子メールアドレス:差出人として、実際に利用するメールアドレス
  • パスワード:「レンタルサーバー登録通知書」に記載されているパスワード
  • パスワードを保存する:チェックを入れる
  • 表示名:メールで差出人の所に表示されるお名前をご自由に記入
  • 手動でサーバー設定を構成する:チェックを入れる
  • 図2.電子メールアカウント情報
  • 電子メールアカウント情報画像
3.電子メール サーバー名を入力します。

続いて「受信メールサーバーの種類」が「POP」であることを確認し、各項目を下記のように入力し、「次へ」ボタンをクリックしてください。

  • 受信サーバー:「レンタルサーバー登録通知書」に記載されているPOP3サーバー名
  • 受信サーバーのポート:110
  • 送信サーバー:「レンタルサーバー登録通知書」に記載されているSMTPサーバー名
  • 送信サーバーのポート:587
  • 「送信サーバーは認証が必要」にチェック
  • 次を使用して認証する:クリアテキスト
  • ログオンユーザー名:「レンタルサーバー登録通知書」に記載されているユーザーID
  • 図3.電子メール サーバー設定画面
  • 電子メール サーバー設定画面画像
4.アカウントの作成完了

「電子メール アカウントが追加されました」と表示されますので、「完了」ボタンをクリックします。

  • 図4.アカウントの作成完了
  • アカウントの作成画像
SMTP25番ポートの設定方法

サブミッションポートを使用せず、25番ポートを利用する場合の設定方法です。

※ ご利用のプロバイダで「ポート25ブロッキング」が利用されていないことを確認し、設定を行ってください。

【25番ポートでメールを送信する場合のご注意】

SPPDレンタルサーバーでは、POP befor SMTP 機能により、25番ポートでメールを送信する場合は、あらかじめ「受信」を行う必要があります。Windows Liveメール 2012では「受信」のみのボタンがないものもありますので、その場合は、[送受信]ボタンを押します。 [送受信]ボタンを押すと、最初の1度目は必ず「送信」がエラーとなります。ただし「受信」は正常に完了しているので、このあともう一度 [送受信]ボタンを押す事で、正常に「送信」が行われます。

1.インターネットアカウント画面を開きます。

Windows Liveメール 2012を起動し、メニューバーの「アカウント」→「プロパティ」をクリックします。

  • 図5.ツールメニュー
  • プロパティ画像
2.サーバーの認証を指定します。

「サーバー」タブをクリックし、「このサーバーは認証が必要」のチェックを外します。

  • 図6.サーバー認証
  • サーバー認証画像
3.SMTPサーバーのポート番号を編集します。

「詳細設定」タブをクリックし、送信メール(SMTP)の項目に「25」をご入力し、「適用」ボタンをクリック、続いて「OK」ボタンをクリックして画面を閉じます。

※ 「サーバーにメッセージのコピーを置く」については、サーバーのディスク容量が有限のためチェックを外してご利用ください。チェックを入れる場合、「サーバーから削除する」の期間をなるべく7日以内に設定頂くようお願い致します。

  • 図7.ポート番号編集
  • ポート番号編集画像
4.設定完了

プロパティの画面が閉じられたら編集は完了です。

POP over SSLの設定方法(任意)

メール受信時の通信を暗号化する「POP over SSL」を利用する場合の設定方法をご案内します。

※ ここまでの設定で、通常のメール送受信は可能です。「POP over SSL」を利用される方のみ任意で設定してください。

1.「POP over SSL」を利用する場合の設定

Windows Liveメール 2012を起動し、メニューバーの「アカウント」→「プロパティ」をクリックします。

  • 図8.ツールメニュー
  • プロパティ画像
2.サーバーの認証を指定します。

「詳細設定」タブをクリックし、下記項目をご入力・選択後、「適応」ボタンをクリック、続いて「OK」ボタンをクリックしてください。

  • 受信メール(POP3):995
  • このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れる。

※ 「サーバーにメッセージのコピーを置く」については、サーバーのディスク容量が有限のためチェックを外してご利用ください。チェックを入れる場合、「サーバーから削除する」の期間をなるべく7日以内に設定頂くようお願い致します。

  • 図9.プロパティメニュー(詳細設定)
  • プロパティメニュー(詳細設定)画像
3.証明書の警告が表示されます。

下記の警告が表示されましたら、「はい」ボタンをクリックしてください。

  • 図10.証明書の警告
  • 証明書の警告画像
4.設定完了

プロパティの画面が閉じられたら編集は完了です。

5.証明書の警告の消去方法(共用サーバーご利用のお客様のみ)

POP over SSLを設定しますと、Windows Liveメール 2012を起動して1回目のメール受信時のみ証明書の警告が表示されます。共用サーバーをご利用の場合のみ、警告を出さないように設定することができます。 専用サーバー・VPS・Windows共用サーバーや代理店制度では設定ができません。 まず、お客様のドメインがどの共用サーバーに属しているかを検索する必要があります。 →所属サーバーの検索方法

共用サーバー名が判明しましたら、POP3サーバー名を「共用サーバー名.sppd.ne.jp」に変更します。「サーバー」タブをクリックし、 受信メール(POP3)のサーバー名を「共用サーバー名.sppd.ne.jp」に変更したら「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタンを クリックしてください。

※ (画像内「www3n.sppd.ne.jp」は、あくまでも例です。お客様によってサーバー名が異なりますのでご注意ください。)

  • 図11.メール送受信
  • メール送受信画像

※ SPPDレンタルサーバーでは、[POP before SMTP機能]により、POP3によるメールの受信をしてから20分間だけメールの送信が可能ですが、[POP over SSL]での受信動作では送信可能になりません。そのため、メール送信の際には、通常のPOP3で一旦受信を行っていただくか、サブミッションポート(587番)を利用してメールを送信してください。

SMTP over SSLの設定方法(任意)

メール送信時の通信を暗号化する「SMTP over SSL」を利用する場合の設定方法をご案内します。

※ ここまでの設定で、通常のメール送受信は可能です。「SMTP over SSL」を利用される方のみ任意で設定してください。

1.「SMTP over SSL」を利用する場合の設定

Windows Liveメール 2012を起動し、メニューバーの「アカウント」→「プロパティ」をクリックします。

  • 図12.ツールメニュー
  • プロパティ画像
2.サーバーの認証を指定します。

「詳細設定」タブをクリックし、下記項目をご入力・選択後、「適応」ボタンをクリック、続いて「OK」ボタンをクリックしてください。

  • 送信メール(SMTP):465
  • このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れる。

※ 「サーバーにメッセージのコピーを置く」については、サーバーのディスク容量が有限のためチェックを外してご利用ください。チェックを入れる場合、「サーバーから削除する」の期間をなるべく7日以内に設定頂くようお願い致します。

  • 図13.プロパティメニュー(詳細設定)
  • プロパティメニュー(詳細設定)画像
3.設定完了

プロパティの画面が閉じられたら編集は完了です。

4.証明書の警告の消去方法(共用サーバーご利用のお客様のみ)

SMTP over SSLを設定しますと、Windows Liveメール 2012を起動して1回目のメール送信時のみ証明書の警告が表示されます。下記の警告が表示されましたら、「はい」ボタンをクリックしてください。

  • 図14.証明書の警告
  • 証明書の警告画像

共用サーバーをご利用の場合のみ、警告を出さないように設定することができます。 専用サーバー・VPS・Windows共用サーバーや代理店制度では設定ができません。 まず、お客様のドメインがどの共用サーバーに属しているかを検索する必要があります。 →所属サーバーの検索方法

共用サーバー名が判明しましたら、SMTPサーバー名を「共用サーバー名.sppd.ne.jp」に変更します。「サーバー」タブをクリックし、 送信メール(SMTP)のサーバー名を「共用サーバー名.sppd.ne.jp」に変更したら「適用」ボタンをクリックし、「OK」ボタンを クリックしてください。

※ (画像内「www3n.sppd.ne.jp」は、あくまでも例です。お客様によってサーバー名が異なりますのでご注意ください。)

  • 図15.メール送受信
  • メール送受信画像