VPSへの接続設定

VPSには、SSHを利用して接続することができます。ここでは、当社の推奨する無償のSSHクライアントである「UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2」を利用した接続方法をご案内致します。

VPSへの接続手順

VPSへはSSHを利用して接続することができます。また、VNCコンソールを使ってVPSのコンソール画面を直接操作することもできます。VNCコンソールについては、VNCコンソールのマニュアルをご参照ください。

  • ※ VPSへの接続はSSHをご利用下さい。OSインストール直後の設定では、Telnetでの接続はできません。
  • ※ 初期設定ではrootでの直接ログインはできません。「VPS登録通知書」内のログインアカウント名で接続後、suコマンドでrootユーザーに切り替えてください。OSを再インストールした場合は、再インストール時に、ログインアカウントとログインパスワードが指定できます。
01. TeraTerm Pro のインストール
  1. TeraTermのダウンロードページ(別のウィンドウが開きます)にアクセスします。ページ下部のリリースファイル一覧から、 teraterm-4.103.exe (2019年7月現在の最新版) のリンクをクリックし、ダウンロードします。
  2. ダウンロードしたteraterm-4.103.exeファイルをダブルクリックし、セットアップを実行します。セキュリティの警告が出る場合は「実行」をクリックします。
  3. セットアップに利用する言語の選択で、「日本語」を選択して「OK」をクリックします。
  4. 「TeraTermセットアップウィザードの開始」で、「次へ」をクリックします。
  5. 使用許諾契約書の同意で「同意する」にチェックし、「次へ」をクリックします。
  6. その他は標準の設定のまま「次へ」を何度かクリックします。「インストール準備完了」が表示されたら、「インストール」をクリックします。
  7. セットアップウィザードの完了が表示されたら、「完了」をクリックすると、インストールが完了します。
02. TeraTermの起動

インストールしたTeraTermを、デスクトップに作成されたアイコンからから、クリックし、起動します。

TeraTermが起動したら、新しい接続の画面が表示されるので、「VPS登録通知書」に記載されている、ホスト名もしくは、IPアドレスを入力し、サービスにSSHが選択されていることを確認し、「OK」をクリックしてください。

  • 接続VPSのIPアドレス入力画面
  • 接続VPSのIPアドレス入力画面
03. ログインアカウント名とログインパスワードの入力

VPSへの接続が開始し、SSH認証画面が表示されます。「VPS登録通知書」に記載されている、ログインアカウント名をユーザー名に、ログインパスワードをパスフレーズに入力し、「OK」をクリックします。

  • SSH認証画面
  • SSH認証画面

SSH認証が完了すると、接続が完了します。

  • VPS接続画面
  • VPS接続画面
04. rootユーザーへの切り替え

root権限での操作を行う場合は、03.の手順でVPSに接続した後、su コマンドでrootユーザーに切り替えるなどして操作を行ってください。rootユーザーのパスワードは、初期設定では「VPS登録通知書」のrootパスワードになっています。

  • rootユーザー切り替え画面
  • rootユーザー切り替え画面