お知らせ

WAFオプション利用者:「生ログの取得」機能拡張(WAF検出ログ追加)について
SPPDレンタルサーバーでは、2017年8月17日より、WAFオプション(サーバーOSがLinux)をご利用頂いているお客様につきまして、ユーザーページの「生ログの取得」機能にて、ドメイン毎のWAFの検出ログが確認できるよう追加致しましたので、お知らせいたします。

■ WAFの検出ログについて

本機能は、各ドメインのユーザーページにて管理者ユーザーIDにてログインした際にご利用可能です。

また、本検出ログについては、2017年7月27日からの生ログの取得頂けます。

【WAF検出ログの内容について】

WAF detectログ:外部からの攻撃などによりWAFが検知した際のログが取得できます。
WAF formログ :WAF検知の原因となったデータが取得できます。

※ 「SSL WAF detectログ」と「SSL WAF formログ」については、専用SSLオプションをご用いただいているドメインのユーザーページにのみ表示され、生ログの取得が可能です。

会員サポートページでは、「生ログの取得」機能におけるWAF検出ログについての詳細説明ページの公開を予定しております。公開でき次第、ご案内致します。

以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る