概略

法人向けVPSサービスの概要

  • サーバー監視体制の紹介
  • フルマネージドVPS
  • サポート対応の紹介

SPPDレンタルサーバーの法人向けマネージドVPS

SPPDのマネージドVPSは、あたかも専用サーバーのような利用が可能な運用保守付の仮想専用サーバーです。仮想化のソフトウェアには「OpenVZ」を採用しています。

共用サーバーでは不可能なサーバー設定のカスタマイズや、アプリケーションの個別インストールが可能で、専用サーバーよりも安価です。各ユーザーの仮想環境は独立して動作していますので、セキュリティや安定性にも配慮されています。

サービスの特色はこちらで紹介しています。

※ ルート権限付きで、お客様自身でサーバーの運用管理やメールやウェブの設定が可能な方には、VPSもお奨めです。

法人向けVPS 3コース

  • 全コース、SPPDによる保守管理サービス付で記載の料金でご提供しています。
  • 転送量の制限はありませんが、回線やサーバーに影響が発生する場合は改善をお願いする場合があります。

新着情報