お知らせ

代理店専用MVPS:メールに関する制限設定について
SPPDレンタルサーバーでは、2017年9月5日、9月6日に代理店制度ビジネスシリーズの専用サーバーとマネージドVPSにおきまして、標準でメール容量に関する制限設定を致しましたので、お知らせいたします。標準の制限値は、1通当たりのメールサイズが「64MB」、1アカウント当たりのメールボックス容量が「128MB」です。

<1通当たりのメールサイズの制限に関する注意点>

・ファイル付きのメールを送信する場合、添付ファイルのサイズが約64MB以上のメールを信するとメールソフト側でエラーとなりメール送信できません。
・お客様へ送られてくる添付ファイルのサイズが約64MB以上だった場合、リターンメールとなり送信元にメールが戻ります。

<1アカウント当たりのメールボックス容量の制限に関する注意点>

※本設定完了後は、メールボックス容量が128MB以上蓄積しているアカウント宛にメールが送信された場合、メールは届かず、送信元メールアドレスへはメールボックス容量超過という旨のリターンメールが返ります。

メールボックス容量が128MB未満になるよう容量を削減頂くことで、新たにメールが届くようになります。

なお、一定の範囲内で設定値のカスタマイズも可能です

以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る