お知らせ

Windows Server 2016 OS搭載の共用サーバー公開のお知らせ
SPPDレンタルサーバーでは、2019年6月26日より法人向けサービス ビジネスシリーズのWindows共用サーバーにおきまして、Windows Server 2016 OSを搭載したサービスを公開いたしました。


■ Windows Server 2016 での 主な機能

・IIS 10.0 + ASP.NET 2.0/3.5/4.7 に対応
・PHP 7.1系(Fast CGI)がご利用可能
・SQL Server 2017 のデータベースを利用可能
・MySQL 5.7のデータベースを利用可能

その他の機能については、以下ページをご確認ください。

機能一覧表 (Windows Server 2016 共用サーバー)


また、コース体系の改定を行い、各コースの容量をアップし、ベーシック及びスタンダードコースの料金を値下げいたしました。


・ライトコース:ディスク容量15GB (従来は10GB) 、メール15アカウント
月額1,620円 (年払いの場合、月額換算1,350円)

・ベーシックコース:ディスク容量30GB (従来は20GB)、メール30アカウント
月額2,592円 (年払いの場合、月額換算2,160円) (従来は月額 2,700円)

・スタンダードコース:ディスク容量50GB (従来は30GB)、メール50アカウント
月額3,672円 (年払いの場合、月額換算3,059円) (従来は月額 3,888円)


以上、今後とも弊社サービスを何卒宜しくお願い致します。

お知らせのトップに戻る