ドメイン移転の流れ

ドメイン移転他社で取得済みのドメインを移転される際には、「今後もお客様でドメインの維持管理」を行うか、「今後はSPPDがドメインの維持管理を行う」かを選択することができます。SPPDが維持管理を行うことができるドメインは、JPドメイン、.COM/.NET/.ORG/.INFO/.BIZ/.TV/.GS/.CX/.WS/.CC/.BZドメインです。また、ネームサーバー(DNSサーバー)は、原則として、弊社のネームサーバーを利用して頂きます。

「今後もお客様でドメインの維持管理」を選択の場合

弊社のネームサーバー情報に、お客様ご自身で書き換えてください。ネームサーバー情報は、ドメイン追加申請受付時の「ドメイン追加申請を承りました」という題名のメールに記載されております。

「今後のドメインの維持管理はSPPD」を選択の場合

JPドメインの場合

JPドメインの移転手続きには、ドメイン管理団体のJPRSでの「指定事業者変更申請」または「ドメイン名移転申請」作業が必要です。当社は、JPRSの指定事業者です。(指定事業者コード:汎用 AGNT-1585 / 属性 AGKZ-0754)

具体的な作業とそれに要する時間を、以下にご案内します。この手続きの詳細は、申請受付時にお送りするメールにも記載されております。

1. 指定事業者変更作業 (1〜10営業日程度)

JPドメイン移転したいドメインが現在のレジストラ(ドメイン管理業者)で一括管理されている場合は、「ドメイン名移転申請」、それ以外の場合は「指定事業者変更申請」を弊社よりJPRSに対して申請致します。

ドメイン名移転申請が必要な場合は、弊社より「ドメイン移転に関わる情報について」というメールをお送りしますので、メールに記載された申請フォームよりドメインの登録者情報を申請して頂きます。申請の受付後、移転前の指定事業者に<ドメイン名移転元確認依頼のご連絡>というメールが届きますので、移転前の業者に承認をして頂きます。

指定事業者変更申請の場合は、移転前の指定事業者に<変更元確認依頼のご連絡>というメールが届きますので、移転前の業者に承認をして頂きます。

移転前の業者によっては、解約申請や、JPドメインの移転の委任状を提出していない場合、ドメインの有効期限が近い場合などに、変更を不承認とすることがあります。予め、移転前の業者にドメイン移転の手続きについてお問い合わせ頂くことを推奨致します。

指定事業者変更が失敗した場合、弊社より<指定事業者変更申請失敗のお知らせ>というメールをお送り致しますので、変更元の指定事業者に不承認にした理由をご確認下さい。問題が解決致しましたら、<指定事業者変更申請失敗のお知らせ>のメールに記載されている専用ページから、弊社に指定事業者変更の再申請をご依頼ください。

再申請の希望日は、予約することも可能です。

再申請が弊社に届かない場合は、1週間に1度システムから確認メールが送信されます。

2. ネームサーバー変更作業 (1〜2営業日)

上記の「ドメイン名移転」または「指定事業者変更」が完了致しましたら、弊社より<指定事業者変更申請完了のお知らせ>というメールをお送り致しますので、メールに記載されている専用ページからネームサーバーの変更作業の希望日をご連絡下さい。ネームサーバーの変更申請が弊社に届かない場合は、1週間に1度システムから確認メールが送信されます。

ネームサーバーの変更希望日は、予約することも可能です。

申請が届きましたら、弊社にてネームサーバーの変更作業を行います。ネームサーバー変更が完了致しましたら、弊社より<DNS変更申請作業完了のお知らせ>というメールをお送り致します。ネームサーバー変更は15分程度で反映致しますが、変更情報が全ての環境に行き渡るまで、6〜24時間程度を要します。

.COM/.NET./ORG/.BIZ/.INFO等のドメインの場合

当社に移転ができるドメインの種類は、gTLDドメインのうち、.COM/.NET/.ORG/.INFO/.BIZ/.ASIA/.MOBI、国別ドメインのうち .TV/.GS/.CX/.WS/.CC/.BZ/.CX/.LAドメインです。ただし、.TVや.WS/.MOBIドメインなどのうち、プレミアムドメイン名の移転は承っておりません。

■ レジストラについて

これらのドメインのレジストラ(上位ドメイン管理組織)は、JPRS、及び、SRSPlus を利用しております。

JPRS gTLDドメイン名登録に関するルール (外部サイトへのリンク)

■ 移転の流れについて

ドメインの移転手続きには「トランスファー」作業が必要です。具体的な作業とそれに要する時間をご案内します。手続きの詳細は、申請受付時にお送りする<ドメイン追加申請を承りました>メールにも記載されております。

1. レジスターロックの解除とAUTH_CODE のご連絡 (お客様作業)

gTLDドメイン現在のレジストラ(ドメイン管理団体)にて、レジスターロックの解除とAUTH_CODE (オースコード/認証キー/認証コード)の発行を行って頂き、上記の申請受付メールに記載されている専用ページから、発行された「AUTH_CODE」を弊社までご申請ください。

2. トランスファー作業(2〜14営業日程度)
.COM/.NET/.ORG/.INFO/.BIZ/.CC ドメインの場合

弊社のレジストラである[JPRS]へのドメイントランスファー申請を弊社より行い、<トランスファー申請作業のお知らせ>というメールをお送り致します。申請後1〜2日以内に、ドメインの所有者のEmailアドレスに、JPRSから件名が<[JPRS] レジストラトランスファー承認手続きのご案内>というメールが届きますので、メールの本文に記載されている専用ページから承認作業を行って下さい。

現在のレジストラが「JPRS」の場合は、トランスファー作業ではなく、レジストラであるJPRS内での[ドメイン名移転]もしくは[指定事業者変更]を行います。申請後1〜2日以内に、現在のレジストラもしくは、指定事業者宛に<ドメイン名移転元確認依頼のご連絡>もしくは、<変更元確認依頼のご連絡>という件名のメールが届きますので、承認作業を行っく下さい。

.ASIA/.MOBI/.TV/.GS/.CX/.WS/.BZ/.CX/.LAドメインの場合

弊社のレジストラである[SRSPlus]へのドメイントランスファー申請を弊社より行い、<トランスファー申請作業のお知らせ>というメールをお送り致します。申請後1〜2日以内に、ドメインの所有者のEmailアドレスに、SRSPlus.comから、<DOMAIN NAME TRANSFER - Initial Authorization for Registrar Transfer>という件名の英文メールが届きますので、メールの本文に記載されている専用ページから承認作業を行って下さい。

その後、移転前のレジストラからの承認依頼メールが届きますので、メールの案内に沿ってご対応ください。

移転前の業者によっては、解約申請やドメインの移転の委任状を提出していない場合、ドメインの有効期限が近い場合などに、変更を不承認とすることがあります。また、ドメイン所有者のメールアドレスが、GDPRなどの法令対応により非表示になっていたり、事業者のアドレスになっていたり、メールフォームのURLになっていたりする場合も、承認ができない場合があります。予め、移転前の業者にドメイン移転の手続きについてお問い合わせ頂くことを推奨致します。

トランスファーが失敗した場合、弊社より<トランスファー申請失敗のお知らせ>というメールをお送り致しますので、ドメインの所有者や移転前の事業者にご確認下さい。問題が解決致しましたら、<トランスファー申請失敗のお知らせ>のメールに記載されている専用ページから、弊社に再申請のご連絡をして頂きます。

再申請が弊社に届かない場合は、1週間に1度システムから確認メールが送信されます。

3. ネームサーバー変更作業 (1〜2営業日)

上記のトランスファーが完了致しましたら、弊社より<トランスファー申請完了のお知らせ>というメールをお送り致しますので、メールに記載されている専用ページからネームサーバーの変更作業の希望日をご連絡下さい。 ネームサーバー変更申請が弊社に届かない場合は、1週間に1度システムから確認メールが送信されます。

ネームサーバーの変更希望日は、予約することも可能です。

申請が届きましたら、弊社にてネームサーバーの変更作業を行います。ネームサーバー変更が完了致しましたら、弊社より<DNS変更申請作業完了のお知らせ>というメールをお送り致します。ネームサーバー変更は、15分程度で反映いたしますが、変更情報が全ての環境に行き渡るまで、6〜24時間程度を要します。