専用サーバー よくある質問 (FAQ)

Windowsサーバーをご利用の場合、メール編の回答は、Linuxの共用メールサーバーを利用したときの仕様を記載していますが、IMAP/IMAP over SSLが利用できない点と、メール容量が512MBである点など、多少仕様が異なる場合があります。

Q1. 専用サーバーのOSは何ですか?
AlmaLinux 9(64bit)、または、CentOS 7(64bit)です。有料オプションで、Redhat Enterprise Linux ES EL7/9(64bit) に変更が可能です。また、専用ライトコース以外であれば、Windows Server 2022/2019 をご指定頂くことも可能です。それ以外のOSについてはお問い合わせください。
Q2. ハウジングは可能ですか?
お客様ご所有のサーバーマシンをUnit単位でハウジングすることも可能です。ハウジング可能な機械は DELL社 PowerEdgeの1Uサーバーを推奨しております。その他の1Uサーバーのハウジングや、ユニット・ラック単位でのハウジングに関しては別途ご相談ください。
Q3. 専用サーバーのメーカーと型番について教えてください
ライトコースは、SuperMicro社のサーバー(MicroCloudシリーズ)、ベーシックコースは、DELL社の1Uサーバー (PowerEdge R250)、スタンダード・パワフルコースは、DELL社の1Uサーバー(PowerEdge R350)です。
Q4. 専用サーバーのスペックのカスタマイズは可能ですか?
メモリを増設したり、ハードディスクをSSDに変更したりすることが可能です。個別に対応させて頂きますのでお問い合わせください。
Q5. 超過転送課金はありますか?
超過転送課金はありません。ただし、回線は共有の100Mbps (バックボーンの回線合計は 250Mbps)ですので、回線に過度の負荷がかかる場合は改善を依頼する場合がありますのでご了承ください。
Q6. 申し込みから運用開始までどの程度かかりますか?
専用サーバーの機器をご用意するのに、初期費用を入金いただいてから、2〜3週間程度かかります。その後、セットアップに2〜5営業日かかりますので、合計で3〜4週間の納期でご利用いただけます。
すぐにご利用になりたい方のために、2営業日でご利用可能な「クイック導入オプション」もご用意しております。詳しくは、ご契約までの流れをご参照ください。
Q7. ルートの権限はありますか?
標準では、ルート権限は当社(SPPD)が所有しますが、お客様にルート権限の全部、または、一部をお渡しすることも可能です。ルート権限が弊社管理の場合は、共用サーバーと同じレベルの保守を弊社にて行います。
お客様がルート権限の所有を希望される場合は、「ルートのパスワードをお客様で変更しない」「ルートで行った作業の責任はお客様で負っていただく」などのいくつかの条件のもと、発行致します。詳しくは、ルート権限をご参照ください。
Q8. RAID構成は可能ですか?
RAID1(ミラーリング構成)が可能です。ただし、ライトコースではソフトウェアRAIDとなります。ベーシック以上のコースではハードウェアRAIDが無償で選択可能です。また、スタンダードコース以上では、HDDの搭載数に応じて、RAID 5やRAID 6などにも対応可能です。
Q9. 特殊なTCPポートを使いたいのですが?
通常ファイアーウォールで遮断されている特殊なTCP/UDPポートをご利用いただくことも可能です。個別に対応させて頂きますのでご相談ください。会員サポート:その他の機能:ファイアウォールもご参照下さい。
Q10. VPNや専用線の引き込みは可能ですか?
IP-VPNやDAなどの専用線、フレッツ回線の引き込みも可能です。また、専用ファイアウォールや侵入検知装置 IDS/IPS などの対応も可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。
Q11. サーバーのリブート依頼はできますか?
24時間365日受付対応可能な、リブート依頼のWebページをご用意しています。Webページから申請頂ければ、有人スタッフが24時間体制で機器の再起動を行います。
Q12. ファイアウォール/IPSは利用できますか?
ネットワークの上位に共用のファイアウォール(IDS機能付)が標準で設置されています。お客様専用のファイアウォールやIPS/IDSを導入することも可能です。また、SQLインジェクションなどを防御できるWAF「SiteGuard Server Edition」を導入することも可能です。
Q13. 専用サーバーの再販は可能ですか?
この法人向けの専用サーバーサービスでは、再販はお断りしております。再販を希望されるお客様は、代理店制度をご利用下さい。
Q14. セキュリティソフトのインストールは可能ですか?
WithSecure社のセキュリティソフトのインストールに対応しています。ただし、現時点では、AlmaLinux 9 OSには対応しておりません。
Q15. サーバーの監視体制を教えてください
5分ごとに、Pingによる監視と、TCP5ポート(http/https/ftp/smtp/pop3)の死活監視を行っており、トラブルの際には、365日24時間・有人による保守対応を致します。

また、5分ごとに httpd / postfix / postgres / mysql 等のプロセスの死活監視、及び、ダウンした際の自動復帰システムを備えております。 なお、サーバーのルート権限を渡している場合は、監視内容が制限されます。詳細は、監視・保守体制をご参照ください。
Q1. JPドメインの種類を教えてください
大きく分けて、汎用JPドメインと属性型JPドメインとがあります。

汎用JPドメインの場合は、国内に住んでいる方であれば、どなたでもいくつでもドメインが取れます。sppd.jpのような短いドメイン名ですので覚えやすく、また日本語ドメイン名も利用可能です。

属性型ドメイン名には、co.jp(企業)、ne.jp(ネットワーク事業者)、gr.jp(任意団体)、ac.jp(大学など)等の種類があります。
Q2. CO.JPドメインを取得するのに必要なものは?
CO.JPドメインを取得するにあたって、原則として書類は必要ありませんが、登記地及び登記年月日の情報が必要です。
Q3. NE.JPドメインを取得するのに必要なものは?
NE.JPドメインの取得について、原則として、書類は必要ありません。ただし、開設するネットワークサービスについて、その概要等が明文化されていなくてはなりません。
Q4. 現在所有するドメインの利用は可能ですか?
可能です。

・すでに取得済みのドメインを「今後の維持管理をSPPDに移転」して利用する場合は、弊社より「トランスファー申請」を行いますので、現在のレジストラ(ドメイン管理業者)にて承認をお願い致します。移転の具体的な方法や制限については、ドメイン移転の流れをご覧ください。

・すでに取得済みのドメインを「今後の維持管理はお客様」にて利用する場合は、ネームサーバー情報をお知らせしますので、お客様にてネームサーバーの変更手続きを行ってください。

どちらの場合も、所定の「DNS設定料」がかかります。→ドメイン料金表
Q5. 取得代行を依頼した場合、ドメインの名義はどうなりますか?
ドメインの名義や、WHOISで公開する情報は、お客様がご自由に設定可能です。お客様の情報の代わりに、SPPDレンタルサーバーの情報を公開することも可能です。

いずれの場合もドメインの所有権はお客様に帰属致します。
Q6. ドメインの更新料金はどのように支払うのですか?
当社にて取得代行したドメインの場合、及び、お客様が持ち込まれたドメインで、お申し込み時に「今後の維持管理はSPPD」を選択された場合は、更新料も当社が支払います。

毎月お支払い頂いているドメイン維持料から割り当てて支払いますので、更新時一時費用が発生することはありません。

お客様が持ち込まれたドメインの場合で、「今後の管理はお客様」を選択された場合は、お客様ご自身で引き続き各レジストラに対してのお支払いをお願い致します。
Q7. サブドメインは設置可能ですか?
独自ドメインでご利用のお客様の場合、共用サーバーとマネージドVPSでは15個まで、専用サーバーでは20個まで、サブドメインを無料で設置できます。

メインドメイン)
http://www.sppd.net/

サブドメイン例)
http://sub.sppd.net/

サブドメインの設置を希望される場合は、会員サポート内の各種申請手続きページ「サブドメイン追加削除申請」フォームからご申請下さい。
Q8. 世界各国のドメインで取得可能なものはありますか?
一般的なドメイン(gTLD)では、.com/.net/.org/.biz/.infoドメインはもちろん、.asia .mobiドメインの取得も可能です。.mobiドメインには、公開するコンテンツに制限がありますのでご留意下さい。

また、世界各国のドメイン(ccTLD)では、トンガ王国のTOドメイン、アセンション島のACドメイン、.WS/.TV/.BZ/.CCドメインが取得可能です。

ドメイン料金表
Q10. ドメイン維持料とは何の費用ですか?
独自ドメインを取得代行された場合、及び、既に取得済みの独自ドメインを「今後はSPPDで維持管理」で移転された場合に、1ドメインあたり月額330円(税込)(〜(ドメインの種類により異なる)頂いている料金です。

この料金は、次年度以降のドメインの更新費用に割り当てる他、ネームサーバーの運営費用として利用致します。
Q11. ドメイン取得代行時、どのレジストラで取得されますか?
.com/.net/.org/.biz/.info/.mobi/.ccドメインは、JPRS、.ws/.tv/.bz/.asiaドメインは SRSPlus、JPドメインは当社自身、それ以外のドメインは、各国のNICに直接申請致します。
Q12. http://sppd.ne.jp/のようなwwwの無い設定はできますか?
特に指定がない場合は、http://www.sppd.ne.jp/のように設定を致しますが、http://sppd.ne.jp/のようなwwwの無い設定も可能です。(無料)
Q13. 1契約で複数のドメインを利用することは可能ですか?
可能です。

共用サーバーの場合は、メールアカウント数、ディスク容量を、ドメインごとに分割してご利用頂きます。例えば、ディスク容量が50GB、メールアカウントが80個のコースの場合、メールアカウント40個+ディスク容量25GBの設定を2セットという形でご利用頂けます。

分割割合は任意に設定可能ですが、1ドメインあたり、ディスク容量は [最低割当:100MB 割当単位:100MBごと] メールアカウントは [最低割当:1アカウント 割当単位:1アカウント] からとなります。
Q14. サービス解約時のドメインの処理について教えてください
「当社で取得代行」または「当社で維持管理」を選択されたドメインにつきましては、下記の通り、他社に移転が可能です。

当社にてロックを解除し「AUTHCODE」をメールにてご連絡致しますので、移転先の業者より、JPドメインの場合は「指定事業者変更」の申請、それ以外のドメインは「トランスファー」の申請をお願いします。申請が届きましたら当社にて承認いたします。その後、新しい事業者でDNSの設定を行ってください。ただし、.AC/.SH/.TOドメインは移転ができません。

「お客様で維持管理」を選択されたドメインにつきましては、全てお客様にてお手続きをお願い致します。
Q15. ドメイン名として使用可能な文字は?
ドメインの種類によって多少異なりますが、半角英小文字・半角数字とハイフンの組み合わせで、2または3文字以上64文字以内です。ただし ハイフン で始まったり終わったりすることは出来ません。
Q16. 日本語ドメイン名は使用できますか?
SPPDレンタルサーバーで取得代行・移転可能なドメインとして「日本語JPドメイン」があります。

また、ドメインを他社で取得し、今後もお客様で維持管理を行われるのであれば、日本語.COM/.NET/.BIZ/.ORG/.INFOドメインを持ち込みで利用することが可能です。
Q1. メールの転送には対応していますか?
サーバーに元のメールを残しての転送、残さない転送どちらにも対応しています。メールの転送設定は、コントロールパネル(ユーザーページ)や .forwardファイルを直接編集することで行って頂きます。
Q2. メールの容量はどのくらいですか?
共用サーバーでは、1アカウントあたり、768MBに制限しています。容量に達すると新たなメールが届かなくなるため、一定期間でサーバーからメール削除をするようお願い致します。専用サーバーやマネージドVPSでは無制限です。
Q3. IMAP4、APOP、POP/SMTP over SSLは使えますか?
APOPは使用できません。IMAP4 と IMAP4 over SSL 及び、POP over SSLとSMTP over SSLは使用できます。
Q4. メールアカウントだけのコースはありますか?
メールアカウントだけのコースはありません。
Q5. メールの送信に制限はありますか?
メールの不正中継を防ぐため、From 行として、サーバー内に設定されているドメインのメールアドレスからしか送信を受け付けないようになっております。また、1通あたりのメール送信容量は、共用サーバーでは100MB、専用サーバーとマネージドVPSでは、標準で128MB(変更可)に制限しています。

25番ポートを利用してメールを送信する場合は、メールを受信してから20分間のみメールの送信が可能です。(POP before SMTP機能)

※ サブミッションポート(587番ポート)やSMTP over SSL(465番ポート)を利用する場合は、POP before SMTPではありませんが、SMTP AUTH(SMTP認証)を利用して送信してください。
Q6. メールアドレスを変更したいのですが
メールアドレスは、コントロールパネル(ユーザーページ)にて自由に変更して頂くことが可能です。
Q7. メールアドレスの別名はいくつまで利用できますか?
1メールアカウント(メールボックス)に対し、10個までメールアドレスを割り当てることが可能です。「コントロールパネル(ユーザーページ)」上で別名設定が可能です。
Q9. POP before SMTPでしょうか?
メールサーバーは、POP before SMTPです。メールを受信してから20分間のみ、SMTP(25番ポート)でメールの送信が可能となります。

※ サブミッションポート(587番ポート)やSMTP over SSL(465番ポート)を利用する場合は、POP before SMTPの制限はありません。代わりに、SMTP AUTH(SMTP認証)を利用して送信することが出来ます。

※ POP over SSLでの受信では、25番ポートを使ってメール送信可能になりません。25番ポートでメール送信可能にするには、POP3を利用してください。
Q10. WEBメール機能は使用できますか?
ご利用可能です。ご提供中のWebメールシステムは、HTMLメールの受信や、添付ファイルの送信には対応していますが、添付ファイルの受信対応などの機能はない簡易的なタイプです。
Q11. メールウィルス駆除に対応していますか?
標準機能としてメールウィルス駆除に対応しております。SMTP(25番ポート)通信時にウィルスのチェックと駆除が行われます。

※ サブミッションポート(587番)やSMTP over SSLを利用する場合は、メール送信時のウィルスチェックの対象外となります。

会員サポート:メールサーバー:ウィルス駆除
Q12. メーリングリストは利用できますか?
利用可能です。標準機能として、共用サーバーでは、300アドレスまで登録可能なメーリングリストが、1ドメインあたり10個付属しています。専用サーバーとMVPSでは、500アドレスまで登録可能なメーリングリストが、1ドメインあたり30個付属しています。

会員サポート:メーリングリスト
Q13. SPAMメールをブロックする機能はありますか?
標準機能の「スパムフィルター」がご利用可能ですので、スパムと判断されたメールには自動的に特殊なヘッダーを付加され、メールソフトで振り分けることが可能です。

また、標準機能の「振り分け管理ツール」を利用すれば、差出人や件名などで絞り込んでメールを削除したり、エラーメールを返したりすることが可能です。

会員サポート:スパムフィルター
会員サポート:振り分け管理ツール
Q14. 突然メールの送信だけが出来なくなりました
メールの送信のみ行えなくなっているのであれば、ご利用プロバイダーの「ポート25ブロッキング」制限に掛かっている可能性があります。

「ポート25ブロッキング」を行っている接続プロバイダーからメールを送信する場合は、25番ポートからの送信が出来ませんので、サブミッションポート(587番ポート)かSMTP over SSL(465番ポート)をご利用ください。

25番ポート以外でメールを送信する際には、メールを受信する時と同一の「ユーザーID」「パスワード」での認証が必要です(SMTP AUTH 機能)。SMTP AUTHの認証方式は、LOGIN と PLAIN に対応しています。

Q1. どのような支払方法がありますか?
銀行振込、口座振替、またはクレジットカードにてお支払い可能です。共用サーバーでは、6ヶ月、12ヶ月分を一括して支払うこともできます。

契約中にお支払い方法を変更することも可能です。口座振替に変更する場合は、書類による手続きが必要となるため、1〜2ヶ月程度のお時間がかかります。
Q2. 請求書を発行してもらえますか?
銀行振込でお支払いをご希望のお客様には、郵送にて請求書を発行いたします。

口座振替、または、クレジットカードでのお支払いのお客様につきましては、それぞれの決済を持ってご請求書とかえさせて頂きますが、明細書郵送の有無をご選択頂けます。明細書は標準で「郵送する」となっていますが、契約後の「支払い方法の変更申請」で郵送の有無の選択が可能です。

なお、官公庁様や上場企業様で、指定請求書や別途書類(納品書等)が必要な場合は、サポート窓口までお問い合わせください。

現時点では、オンラインでの請求書・明細書の発行には対応しておりません。
Q3. 見積書を発行してもらえますか?
まずは、料金計算ツールをご利用ください。そのまま印刷してご利用いただける見積書も表示できます。

その上で、必要であればEメール、または、FAX、郵送にて見積書を発行いたします。
Q4. 請求日は何日になりますか?
毎月1日〜末日までを単位とし、末日締めで当月分の料金をご請求いたします。複数月一括払いでご利用料金のお支払いの場合は、契約満了日の翌月末日締めで次回契約満了日までの料金をご請求致します。
銀行振込でお支払いの場合は、翌月末日までにご入金ください。ただし、2017年6月以前にご契約のお客様については、事前にお客様よりご指定のあったお支払い日までにご入金ください。

なお、締日、及び支払日に関しまして、特別にご希望がございましたら別途ご相談に応じます。
Q5. 利用起算日はいつになりますか?
SPPDレンタルサーバーの共用サーバーでは、「お申し込みの受理日を以って契約開始日(利用起算日)」としております。
Q6. コースの変更の際に料金はかかりますか?
共用サーバーでコース変更をされる場合、契約期間にかかわらず、1,650円(税込)のコース変更料を申し受けます。ただし、上位コースへのコース変更は無料です。専用サーバーとマネージドVPSでは、コース変更は出来ません。
Q7. 入会金はかかりますか?
セットアップ料と致しまして、共用サーバーでは2,200円〜3,300円(税込)、マネージドVPSでは11,000円(税込)の料金を頂いております。また、専用サーバーでは、コースに応じたセットアップ料を頂いております。
Q9. 領収書を発行してもらえますか?
基本的には発行いたしません。口座引落(通帳)、クレジットカード会社の明細書、及び、お振込の取引明細を持って領収書に変えさせて頂きます。

なお、口座振替・クレジットカードでのお支払いの方は、当社から明細書を郵送しています。ご契約後に「支払い方法の変更申請」で明細書郵送の有無をご選択頂けます。
Q10. 既存のドメインを移転する場合の料金は?
既にドメインをお持ちのお客様も、ドメインを移転してご利用になることができます。この場合、ドメインの種類に関わらず DNS設定料 として 2,200円(税込)(今後もお客様でドメインを管理する場合) または 4,400円(税込)(今後はSPPDがドメインを管理する場合: .jp .com .net .org .biz .info など一部のドメインに限る)を申し受けます。
Q11. 口座振替の場合、実際の口座引落日は何日になりますか?
決済方法として「口座振替」をご選択された場合、ある月の料金が実際に引き落とされるのは、翌月の26日前後になります。残高不足にならぬよう、確実なご入金をお願い致します。

残高不足となってしまった場合は、2週間以内に「銀行振込」によるお支払いをお願い致します。
Q12. インボイス(適格請求書等)はどのように取得しますか?
お支払方法として「銀行振込」をご選択されている場合、郵送しております請求書がインボイスになっています。また、お支払方法として「クレジットカード」「口座振替」をご選択されている場合、郵送しております明細書がインボイスになっています。
Q1. CGI/SSIは利用できますか?
OSがLinuxのサーバーでは、CGIスクリプトやSSIが利用可能です。標準では、拡張子 .cgi のファイルがCGIスクリプトして動作致します。CGIの言語としては、Perl5、Ruby、C、C++、PHP8、Pythonがご利用可能です。

OSがWindowsサーバーでは、FastCGIとして、PHPが利用可能です。また、ASP/ASP.NETも利用可能です。
Q2. PHPは利用できますか?
OSがAlmaLinux 9系の場合、PHP8.3が利用可能です。主なPHPの設定状態については、PHP8.3系の案内ページをご覧ください。

OSがCentOS 7系の場合、PHP7.3(モジュール版)と、PHP8.1(CGI版)が利用可能です。主なPHPの設定状態については、PHP7.3系の案内ページ及び、PHP8.1系の案内ページをご覧ください。

OSがWindows Server 2022の場合、PHP8.2(FastCGI版)が利用可能です。主なPHPの設定状態については、PHP8.2系の案内ページをご覧ください。

OSがWindows Server 2019の場合、PHP7.4(FastCGI版)が利用可能です。主なPHPの設定状態については、PHP7.4系の案内ページをご覧ください。
Q3. Linuxサーバーで、デーモンプロセスは実行可能ですか?
一般ユーザー権限で動作するデーモンプロセスであれば、自由に設定可能です。ルート権限で動作するデーモンプロセスについては、ルート権限をお渡ししてお客様にて設定するか、SPPD側に設定代行を依頼いただく必要があります。
Q4. クーロン(CRON)やタスクスケジューラーは利用可能ですか?
OSがLinuxのサーバーでは、CRONが利用可能です。sshでログインして直接編集する他、ユーザーページ(コントロールパネル)のCronエディターより、ブラウザー上で編集が可能です。

OSがWindowsのサーバーでは、タスクスケジューラーが利用可能です。ユーザーページ(コントロールパネル)から編集が可能です。
Q5. Let's Encryptの無料SSL証明書は利用できますか?
法人向けサービスでは、Let's Encryptの無料SSL証明書は利用できません。有料のSSL証明書をご利用ください。