iPhone(iOS)からの接続

iPhone(iOS)から仮想Windowsデスクトップに接続する方法をご案内致します。

iPhone(iOS)からの接続方法

iPhone(iOS)端末に、リモートデスクトップ接続対応アプリをインストールして接続を行います。なお、弊社では接続アプリとして、Microsoft リモート デスクトップ(外部サイト)を推奨しています。

以下の接続方法は「Microsoft リモート デスクトップ」のアプリを利用しますので、事前にiTunesよりインストールしてください。なお、画面はiOSバージョン8.3によるものです。

01.「Microsoft リモート デスクトップ」アプリを起動

「Microsoft リモート デスクトップ」をインストールし、アイコンをタップします。

  • 図1.RD Clientの起動
  • アプリケーション
02.アプリのTop画面が表示されます

「Microsoft リモート デスクトップ」アプリを開いたら、右上の「+」をタップし、接続の追加画面を開きます。

  • 図2.Top画面
  • Top画面
03.接続の追加を行います

接続の追加画面を開いたら、「PCまたはサーバーの追加」をタップし、接続の作成画面を開きます。

  • 図3.接続の追加画面
  • 接続の追加画面
04.ホスト名またはIPアドレスの入力画面を表示します

接続の作成画面を開いたら、「PC名」をタップし、リモートデスクトップの追加画面を開きます。

  • 図4.接続の作成画面(PC名の選択)
  • 接続の作成画面
05.PC名を入力します

リモートデスクトップの追加画面を開いたら、メールでご連絡しております「仮想デスクトップ登録通知書」を参考にホスト名、もしくはIPアドレスを入力します。

入力しましたら接続の作成画面へ戻ります。

  • 図5.リモートデスクトップの追加画面
  • リモートデスクトップの追加画面
06.ユーザー名とパスワードの入力画面を表示します

接続の作成画面に戻りましたら、「ユーザーアカウント」をタップし、ユーザー名画面を開きます。

  • 図6.接続の作成画面(ユーザー名の選択)
  • ユーザー名画面
07.ユーザーアカウントの追加を選びます。

続いて、ユーザーアカウントの追加をタップします。

  • 図6.接続の作成画面(入力についての選択)
  • ユーザー名画面
08.ユーザー名・パスワードを入力します

ユーザーアカウントの追加画面を開いたら、「仮想デスクトップ登録通知書」を参考に管理者ユーザーIDとパスワードを入力します。

入力しましたら接続の作成画面へ戻りますので右上の「保存」をタップします。

  • 図7.ユーザーアカウントの追加画面
  • ユーザーアカウントの追加画面
09.仮想デスクトップへの接続

Top画面へ戻りましたら、04.で入力したホスト名、もしくはIPアドレスが表示されているアイコンがありますのでタップします。

  • 図8.仮想デスクトップへの接続
  • 仮想デスクトップへの接続
10.サーバー証明書確認画面

下の画面が表示されましたら右上の「承諾」をタップしてください。

次回から確認画面を表示させたくない場合は「コンピューターへの接続について今後確認しません」のボタンをタップしてから「承認」をタップします。

  • 図9.サーバー証明書確認画面
  • サーバー証明書確認画面
11.接続完了

以上で接続完了となります。

  • 図10.アカウント設定画面 (OSが2012R2のデスクトップでの例)
  • リモートデスクトップ画面
仮想デスクトップの切断方法

アプリケーションを起動させた状態で、リモートデスクトップの使用を終了する場合は、スマートフォンのホームボタンを押してください。

仮想デスクトップのサインアウトまたはログアウト
仮想デスクトップのサインアウト (OSが2012R2の場合)

起動中のアプリケーションを全て終了して、リモートデスクトップからサインアウトする場合は、仮想デスクトップのスタートボタンをクリックし、スタート画面を開いてください。

画面右上に表示されているユーザー名の部分をクリックし、プルダウンメニューから「サインアウト」をクリックしてください。

  • リモートデスクトップ画面
  • リモートデスクトップ画面
仮想デスクトップのログオフ (OSが2008R2の場合)

起動中のアプリケーションを全て終了して、リモートデスクトップからログオフする場合は、仮想デスクトップ内のマウスでスタートメニューから、「ログオフ」をクリックしてください。

  • リモートデスクトップ画面
  • リモートデスクトップ画面

ログオフメニューの中の「シャットダウン」を選択すると、仮想デスクトップの電源が切れます。誤ってシャットダウンを行ってしまった場合は、仮想デスクトップコントロールパネルから仮想デスクトップの起動を行って下さい。