CGIインストーラー

Win管理者

フリーのソフトウェア・オープンソースCMSをお客様のウェブサイト内に簡単にインストールできる機能です。

CGIインストーラーでインストールできるツールについて
EC-CUBE

オープンソースのショッピングカートシステム「EC-CUBE 2.13.5」です。インストール方法の詳細は、EC-CUBEのマニュアルをご覧下さい。なお、SPPDレンタルサーバーでは、EC-CUBE 自体のサポートは行っておりません。

WordPress

オープンソースのブログ/CMS プラットフォーム「WordPress 5.2.3(※)」です。インストール方法の詳細は、WordPressのマニュアルをご覧下さい。なお、SPPDレンタルサーバーでは、WordPress 自体のサポートは行っておりません。

※OSが Windows Server 2008/2008R2 の、2017年9月以前にセットアップされたWindows専用サーバーと旧Windows共用サーバー(ホスト名がwww1wwまたはwww2ww)でPHP5.2系をご利用の場合は、「WordPress 5.1.1」となります。

PukiWiki

オープンソースのwikiソフト「PukiWiki 1.5.1」です。インストール方法の詳細は、PukiWikiのマニュアルをご覧下さい。なお、SPPDレンタルサーバーでは、PukiWiki 自体のサポートは行っておりません。

MODX Evolution

オープンソースのウェブサイト管理ツール「MODX Evolution 1.0.22J 日本語版(※)」です。インストール方法の詳細は、MODX Evolutionのマニュアルをご覧下さい。なお、SPPDレンタルサーバーでは、MODX Evolution 自体のサポートは行っておりません。

※OSが Windows Server 2008/2008R2 の、2017年9月以前にセットアップされたWindows専用サーバーと旧Windows共用サーバー(ホスト名がwww1wwまたはwww2ww)でPHP5.2系をご利用の場合は、「MODX Evolution 1.0.20J 日本語版」となります。

利用方法

ウェブサーバーのユーザーページの左メニューから「CGIインストーラー」をクリックします。

  • ユーザーページメイン画面
  • ユーザーページ

CGIインストーラーのメイン画面が表示されます。メイン画面に表示された各CGIへのリンクをクリックすると、各インストールフォームが表示されます。設定項目に必要事項を入力し、各々のインストールボタンを押すと、CGIプログラムがインストール完了です。

  • ※ 専用SSLオプションを追加したドメインで、http(通常のウェブサイト)とhttps(専用SSLのウェブサイト)で別々のページを表示するように設定した場合は、どちらのエリアにCGIプログラムをインストールするか選択できます。インストールディレクトリ欄のパスに「www」または「swww」の選択肢が表示されますので、いずれかを選択してください。

  • CGIインストーラーメイン画面
  • CGIインストーラーメイン画面