FTPソフトの設定

Toxsoftのクライアントソフト「NextFTP」の設定方法をご案内いたします。

NextFTP 設定方法
1.新規ホストの設定を行います。

NextFTPを起動すると、「ホストに接続」というウィンドウが表れますので、「新規ホスト」をクリックしてください。

  • 図1.ホストに接続
  • ホストに接続
2.ホストの設定をします。

ホストの設定ページが開きますので、「レンタルサーバー登録通知書」を参考に下記のように入力します。

  • 図2.ホストの設定
  • ホストの設定
入力項目
ホスト名 覚えやすい名前を入力してください
ホストアドレス 登録通知書にある「FTP/SCPサーバー」をご記入ください
ユーザーID 登録通知書にある「ユーザーID」をご記入ください※1
パスワード 登録通知書にある「パスワード」をご記入ください※1
ホスト開始フォルダ 登録通知書にある「WWW転送用ディレクトリ」の「FTPソフト上での表示」に記載されてあるディレクトリ名をご記入ください。(例: /www)
共用SSLオプションをご利用の場合は「SSL転送用ディレクトリ」の下の「FTPソフト上での表示」をご記入ください。サブドメインをご利用の場合は、そのサブドメインの「WWW転送用ディレクトリ」の下の「FTPソフト上での表示」をご記入ください。(※2)
FTPサブアカウントで接続する場合は、FTPサブアカウント作成時にホームディレクトリに入力したディレクトリ名をご記入ください。(例: /www/shop/)(※3)
ローカル開始フォルダ ご使用のパソコン内で作成しているフォルダを指定します

※1 FTPサブアカウントで接続する場合は、ユーザーIDにFTPサブアカウントを、パスワードにFTPサブアカウント作成時に入力したパスワードを入力してください。

※2 登録通知書の「ホームディレクトリ」や「WWW転送ディレクトリ」は入力しないで下さい。「WWW転送用ディレクトリ」の下の「FTPソフト上での表示」に記載されている項目(「/www」など)を記入します。

※3 FTPサブアカウントは、ユーザーページのFTPサブアカウントで作成することが可能です。

3.PASVモード・取得コマンドの設定をします。

ホストの設定ページの「高度な設定」タブよりファイアーウォール内の「PASVモード」にチェックマークを入れ、ファイルリスト内の「取得コマンド」欄で「LIST」を選択した上で「OK」ボタンをクリックします。

  • 図3.ホストの設定
  • ホストの設定

以上で設定は完了です。

4.FTP over SSL を利用する場合は「SSL暗号化」の設定をします。(任意)

ホストの設定ページの「高度な設定」タブをクリックし、SSL暗号化を「Explicit(SSL)」に変更し、その下にある「データ接続を暗号化」にチェックマークを入力したら「OK」ボタンをクリックします。

※「Implicit」でのSSL暗号化は対応しておりません。

  • 図4.SSL暗号化の設定
  • SSL暗号化の設定
5.サーバーに接続します。

ホストに接続ページに、今設定したホストが追加されますので、[接続] をクリックします。

  • 図5.ホストの追加
  • ホストの追加
6.ファイルをアップロードします。

正常にサーバーに接続されたら、アップロードしたいファイルを選択し、上矢印 をクリックしてファイルをアップロードします。

  • 図6.ファイルのアップロード
  • ファイルのアップロード
7.ブラウザで確認します。

正しく公開されているか、ブラウザでアップロードしたサイトのURLを表示して確認します。

  • 図7.ブラウザで確認
  • ブラウザで確認