EC-CUBEのインストール

個人法人共用マネージドVPS専用代理店

国産の無料で利用できる人気ECサイト構築用ソフト 「 EC-CUBE 」の インストール方法についてご案内いたします。 直感的な管理画面と多彩な機能で本格的なECサイトが構築できます。

01.EC-CUBE 2 ご利用上の注意
  • ※ EC-CUBE 2のインストール機能は、ビジネス・パーソナルシリーズのうち、OSがCentOS5/RHEL 5系のお客様のみにご提供される機能です。OSがCentOS6/RHEL 6系のビジネス・パーソナルシリーズでは、EC-CUBE 3系がご利用可能です。
  • ※ インストールされるEC-CUBE 2の文字コードはUTF-8になります。
  • ※ EC-CUBE 2をご利用頂くには、MySQLかPostgreSQLのデータベースが必要です。EC-CUBEでは、PostgreSQLを推奨しており、商品数の多いECサイトを構築される場合はPostgreSQLの方がよりスムーズにサイト表示が行えます。
  • ※ PostgreSQLは個人向けサービスでは有償オプション、法人向けサービス(共用サーバー)では無償オプションで、いずれも各種申請手続き:オプションの追加削除申請からの申請が必要です。マネージドVPS、及び、専用サーバーの場合は標準機能としてご利用可能です。


※「EC-CUBE」は株式会社イーシーキューブの商標です

02.CGIインストーラーへアクセス

ユーザーページにアクセスし、CGIインストーラーをクリックします。

  • ユーザーページメイン画面
  • ユーザーページ

「EC-CUBE のインストール」のリンクをクリックします。

  • CGIインストーラーメイン画面
  • CGIインストーラーメイン画面

「EC-CUBE のインストール」フォームが表示されます。EC-CUBEをインストールしたいディレクトリを記入し、「EC-CUBE のインストール」ボタンを押します。

  • CGIインストーラー
  • CGIインストーラー:EC-CUBE
  • ※ 既に存在するディレクトリが指定された場合は、上書きインストールされます。
  • ※ ディレクトリ欄を空欄にして、ドキュメントルート直下にインストールした場合、EC-CUBEのシステムと同じファイル名を持つ既存のコンテンツ(例: index.php等)が削除されますので、十分にご注意の上、実施してください。
  • ※ インストールディレクトリと同階層に「data」という名前のディレクトリが存在する場合、そのディレクトリにインストールすることはできません。
  • ※ EC-CUBEをご利用頂くには、MySQLかPostgreSQLのデータベースが必要です。EC-CUBEに利用するデータベースは、あらかじめDB管理ツールで、文字コードをUTF-8に変更してください。
03.インストーラーの完了

以下の画面が表示され、EC-CUBEのインストールが完了します。「EC-CUBEの初期設定画面にアクセス」のリンクをクリックしてください。

  • CGIインストーラー完了
  • CGIインストーラー完了:EC-CUBE
04.EC-CUBEのインストール画面

「EC CUBE インストールを開始します」と表示されていますので、「次へ進む」ボタンを押してください。

  • ※ 他社からドメインを移転する前などで、仮ウェブサイトのURLから初期設定を行うと、本来のドメイン名のURLでは正常にEC-CUBEが動作しなくなります。そのため、ドメイン移転前などに初期設定を行う場合は「独自ドメイン」マニュアル内の「仮ウェブサイトでの動作確認が出来ない場合」を参考にhostsファイルの設定を行った上で、実際にご利用になるURLにて設定を行って下さい。
  • インストールを開始します
  • インストールを開始します
05.アクセス権限のチェック

正常と表示されるのを確認後、「次へ進む」ボタンを押してください。

  • アクセス権限のチェック
  • アクセス権限のチェック
06.必要なファイルのコピー

いくつか、画像などのコピーが行われますので、完了後「次へ進む」ボタンを押してください。

  • ファイルのコピー
  • 必要なファイルのコピー
07.サイトの設定

「サイト名」、「管理者のメールアドレス」、「管理者用ログインID」、「管理者用パスワード」、「HTMLパス」、「URL」、「URL(セキュア)」、「共通ドメイン」の設定画面が表示されますので、設定を正しく入力して「次へ進む」ボタンを押してください。

入力項目
店名 ショップの店名をご記入ください。
メールアドレス ショップの管理者のメールアドレスをご記入ください。
ログインID EC-CUBEの管理者画面にログインするためのIDをご記入ください。
パスワード EC-CUBEの管理者画面にログインするためのパスワードをご記入ください。
ディレクトリ EC-CUBEの管理者画面のディレクトリ名を変更したい場合に変更します。詳細はEC-CUBE導入マニュアル等をご参照ください。
SSL制限 EC-CUBEの管理者画面へのアクセスをSSL経由にしたい場合にチェックします。詳細はEC-CUBE導入マニュアル等をご参照ください。
IP制限 EC-CUBEの管理者画面へのアクセスを特定のIPアドレスに限定したい場合に入力します。詳細はEC-CUBE導入マニュアル等をご参照ください。
URL(通常) 表示されたままでかまいません。
URL(セキュア) 専用SSLを利用する場合は https:// からのURLに変更が必要です。専用SSLを利用しない場合は、表示されたままの情報で構いません。詳細はEC-CUBE導入マニュアル等をご参照ください。
共通ドメイン 通常は空欄で構いません。詳細はEC-CUBE導入マニュアル等をご参照ください。
  • 設定の入力
  • 設定の入力
08.データベースの設定

PostgreSQLの使用するデータベースの標準文字コードが「UTF8」に設定されてることを確認してください。

EC-CUBEではPostgreSQLの利用を推奨していますが、専用サーバー/マネージドVPSでは、MySQLを選択することも可能です。

  • ※ 法人向け共用サーバー/個人向け共用サーバーでは、MySQLのinnoDBが利用できないため必ずPostgreSQLをご利用ください。
  • ※ 専用サーバー/マネージドVPS利用者でMySQLを使用する場合は、文字コードは任意でかまいません。
  • ※ 現在のデータベースの標準文字コードは、ユーザーページのDB管理ツールで確認と変更ができます。
  • DB管理ツールの画面(参考)
  • DB確認

PostgreSQLの情報を入力して、「次へ進む」ボタンを押してください。

入力項目
DBの種類 PostgreSQLを選択
DBサーバー 127.0.0.1 とご記入ください。
ポート 空欄のままでかまいません。
DB名 「DB名」をご記入ください。
DBユーザー 「DB名」に対応する「DBユーザー名」をご記入ください。通常はDB名と同一です。
DBパスワード 「DB名」に対応する「DBパスワード」をご記入ください。
  • データベースの設定
  • データベースの設定
09.データベースの初期化

テーブルの作成、基本データのインポートなどを行います。そのまま「次へ進む」ボタンを押してください。

  • ※ 作成されるEC-CUBE用のテーブル名のプレフィックスは「dtb_」と「mtb_」です。
  • データベースの初期化
  • データベースの初期化
10.初期化完了

エラーが表示されなければ、初期化完了です。そのまま「次へ進む」ボタンを押してください。

  • 初期化完了
  • 初期化完了
11.情報の提供

インストールした環境の情報提供を行います(任意)。「はい」か「いいえ」を選択し「次へ進む」ボタンを押してください。

  • 情報の提供(任意)
  • 情報の提供
12.インストール完了

これでインストールは完了です。「管理画面」をクリックすると管理画面が開きます。

  • インストール完了
  • インストール完了
  • 管理画面
  • 管理画面(ログイン)
14.不要ファイルの削除

FTPやファイルマネージャーでアクセスし、インストールしたディレクトリ/install/index.phpを削除してください。

  • 削除前
  • 管理画面(不要ファイル削除前)

ファイルを削除すると、赤い注意メッセージが表示されなくなります。

  • 削除後
  • 管理画面(不要ファイル削除後)

このバージョンでは、デフォルトで消費税率が5%になっておりますので、インストールした場合は必ず消費税率を変更ください。変更方法は、「EC-CUBE 消費税率変更方法について」をご確認ください。

ユーザーが利用するECサイトは以下のような画面で初期設定されています。

  • ユーザーの利用するECサイトの画面
  • 一般ページ(不要ファイル削除後)

※ ドメイン移転前などで、hostsファイルの設定を行った上で初期設定を行った場合、弊社サーバーへのDNSの変更等が完了しましたら、hostsファイルへ追記した内容は削除してください。

※ 弊社では、EC-CUBE 自体のサポートは行っておりません。