メールサーバー:IMAP

CentOS 7系個人法人共用マネージドVPS専用代理店
CentOS 6/5系マネージドVPS専用

メール受信方法、IMAP についてご案内します。

IMAPとは?

受信メールは常にサーバーに保存され、メールボックスの一覧だけをクライアントに表示します。必要に応じてクライアントからメールサーバーにアクセスし、メールを確認します。

メールがサーバーに保存されているため、複数の端末から同じメールを確認することができます。サーバーに保存されたメールの総容量が蓄積されると、サーバーに大きな負荷がかかり、メールの表示に時間がかかるため、定期的にメールの削除が必要になります。そのため、過去のメールをいつでも閲覧できるように保存しておかなければならないような用途には向いていません。

IMAPは、CentOS 7系のサーバーをご利用の場合、もしくは、CentOS 6/5系のビジネスシリーズ専用サーバーまたはマネージドVPSで、IMAPの有償オプションを契約している場合に利用可能です。

サーバーのメール保存領域について

メールはすべてサーバー内に蓄積されるので、容量が増えすぎないように定期的にメールの削除をお願いします。

ユーザーページの機能について

IMAPが利用できるサーバーでは、ユーザーページの「メール容量確認とクリア」で利用可能なメールボックスクリア機能が利用できません。

IMAP受信時のセキュリティについて
IMAP over SSLについて

IMAP over SSL ( TCPポート番号993番 )を利用することが可能です。IMAP over SSLを利用する場合は、対応したメールクライアントが必要です。主なメールクライアントの対応は以下の通りです。

IMAP メールクライアント対応表
メールソフト名IMAPIMAP over SSL
Outlook Express 6.0
Outlook 2000
Outlook 2003
Outlook 2007
Outlook 2010
Outlook 2013
Outlook 2016
Windowsメール
Windows Liveメール
Windows Liveメール 2012
Windows10 標準メールソフト×
Thunderbird 45
Becky! Internet Mail 2
AL Mail32××
MacOS Mail(Yosemite)
MacOS Mail(El Capitan)
MacOS Mail(Sierra/High Sierra)×
MacOS Mail(Mojave)
iOS 6 (iPhone 4/4s等)
iOS 7 (iPhone 5s/5c等)
iOS 8 (iPhone 6/6Plus等)
iPad Air(iOS 10)
Android4.1
Android4.4

IMAP over SSLでの受信動作は、サーバーに負荷がかかります。IMAP over SSLをご利用頂く場合は、容量の大きな添付ファイルつきのメールなどは、なるべく保存しないようお願いします。

メールサーバーに戻る